ホーム>プレスリリース>「マンションレビュー」2021年6月 全国市区町村マンション坪単価ランキング100を発表 - 坪単価全国1位は「東京都港区」の447万1,600円 -

プレスリリース

「マンションレビュー」2021年6月 全国市区町村マンション坪単価ランキング100を発表 - 坪単価全国1位は「東京都港区」の447万1,600円 -

「不動産×WEB×ビッグデータ」の領域で、さまざまな不動産テックサービスを展開する株式会社ワンノブアカインド(本社:東京都港区、代表取締役社長:川島直也、以下当社)は、当社が運営するマンション情報サイト「マンションレビュー」の保有データを元にした、2021年6月の全国市区町村における中古マンションの「マンション坪単価」ランキングと、都心5区(千代田区・中央区・港区・新宿区・渋谷区)に20政令指定都市を加えた主要25市区での「マンション坪単価」の変遷を調査し、発表いたしました。

2021年6月サマリー

■マンション坪単価ランキング100

  • 全国1位は「東京都港区」の447万1,600円、2位は「東京都千代田区」の434万7,300円で、いずれも70㎡換算価格が9,000万円を超えた。
  • 上位20位までに、23区外の「東京都武蔵野市」「東京都三鷹市」の2市がランクイン。
  • 近畿地方のトップは24位の「大阪府大阪市北区」。
  • ランキング対象の193市区のうち、5月と比較して坪単価が上昇したのは108市区で、全体の約56%。
  • 2021年4月から2ヶ月連続で坪単価が上昇したのは54市区。
  • 2021年4月から2ヶ月連続で坪単価が下落したのは36市区。

■47都道府県マンション坪単価トップの市区町村

  • 坪単価の1位は「東京都(港区)」。
  • トップの市区町村の坪単価が100万円を超えたのは11都府県。

■主要25市区マンション坪単価

  • 5月と比較して坪単価が上昇したのは15市区。
  • 2021年4月から2ヶ月連続で坪単価が上昇したのは7市区、2ヶ月連続で下落したのは5市区。近畿では、「大阪府大阪市北区」以外は2ヶ月連続で坪単価が下落。
  • 都心5区では、「東京都新宿区」以外の4区で、いずれも前月より10万円以上の価格上昇がみられた。

【調査対象】※2021年7月2日現在の自社データより算出。※対象件数…当月の販売履歴件数。
■全国市区町村マンション坪単価ランキング100(2021年6月)
・2021年6月に対象件数が30件以上ある193市区。

■47都道府県マンション坪単価トップの市区町村(2021年6月)
・各都道府県において、2021年6月の対象物件数が30件以上ある市区町村の中でのトップ。
・販売履歴が30件未満の市区町村のみとなる18県については、当月の対象件数が最多の市区町村のデータを掲載。

■主要25市区マンション坪単価の変遷
・都心5区(千代田区・中央区・港区・新宿区・渋谷区)および20政令指定都市。
・政令指定都市は、市役所が設置されている区を代表区として調査。

全国市区町村マンション坪単価ランキング100(2021年6月)

全国市区町村マンション坪単価ランキング100(2021年6月) 全国市区町村マンション坪単価ランキング100(2021年6月)

2021年6月の対象件数が30件以上ある全国193市区よりランキングを算出。

  • 全国1位は「東京都港区」の447万1,600円で、70㎡換算価格は9,468万6,100円。前月は70㎡換算価格が9,000万円を超えたのは1区のみだったが、6月は2位の「東京都千代田区」も9,000万円を超えた。
  • 上位14位までは東京が占めたが、15位に武蔵小杉駅のある「神奈川県川崎市中原区」がランクイン。
  • 上位20位までに、23区外の「東京都武蔵野市」「東京都三鷹市」の2市がランクイン。
  • 100位までのうち、各地方でのトップは以下の通り。(北海道・東北・四国は100位までにランクインなし)
    関東     東京都港区(1位)
    中部     愛知県名古屋市中区(64位)
    近畿     大阪府大阪市北区(24位) ※前月は京都府京都市中京区
    中国     中国 広島県広島市中区(90位) ※前月は広島県広島市南区
    九州・沖縄  九州・沖縄 沖縄県那覇市(58位)
  • ランキング対象の193市区のうち、5月と比較して坪単価が上昇したのは108市区で、全体の約56%。
  • 2021年4月から2ヶ月連続で上昇したのは54市区。
  • 2021年4月から2ヶ月連続で下落したのは36市区。(以下にリスト掲載)

■2ヶ月連続で坪単価が上昇/下落した市区町村リスト

■2ヶ月連続で坪単価が上昇/下落した市区町村リスト ■2ヶ月連続で坪単価が上昇/下落した市区町村リスト

47都道府県マンション坪単価トップの市区町村(2021年6月)

47都道府県マンション坪単価トップの市区町村(2021年6月)

各都道府県において、2021年6月の対象件数が30件以上ある市区町村の中でのトップ。
当月の対象件数が30件未満の市区町村のみとなる18県(★)については、件数が最多の市区町村の坪単価を掲載。
なお、備考欄に「対象件数は30件未満だが各都道府県でのトップより10%以上坪単価が高い市区町村(対象件数10件以上)」や前月とのトップの入れ替えがあった旨などを補足記載。

  • 坪単価の1位は「東京都(港区)」。
  • 47位は「群馬県(前橋市)」の52万1,300円だが、同県の「高崎市」の坪単価は96万5,700円となっている。(高崎市も対象件数が30件に満たないためランキング対象外。前月の47位は「福井県(福井市)」)
  • トップの市区町村の坪単価が100万円を超えたのは11都府県。

主要25市区坪単価遷移(2021年3月~6月)

※市区別の変遷グラフはデータ資料に掲載。

主要25市区坪単価遷移(2021年3月~6月)

都心5区(千代田区・中央区・港区・新宿区・渋谷区)および20政令指定都市。
政令指定都市は、市役所が設置されている区を代表区として調査。

  • 5月と比較して坪単価が上昇したのは15市区。
  • 2021年4月から2ヶ月連続で坪単価が上昇したのは7市区、2ヶ月連続で下落したのは5市区。近畿では、「大阪府大阪市北区」以外は2ヶ月連続で坪単価が下落。
  • 都心5区では、「東京都新宿区」以外の4区で、いずれも前月より10万円以上の価格上昇がみられた。

※本調査の全データにつきましては、以下URLをご参照ください。
https://www.one-of-a-kind.co.jp/pressrelease/detail/date20210727/data.pdf
※本リリースのデータをご利用いただく際は、引用元として【マンションレビュー 調べ】とご明記ください。

PAGE TOP