ホーム>プレスリリース>「マンションレビュー」会員アンケート調査『コロナ禍での住まい・テレワークについて』2021年5月の最新結果を発表

プレスリリース

「マンションレビュー」会員アンケート調査『コロナ禍での住まい・テレワークについて』2021年5月の最新結果を発表

「不動産×WEB×ビッグデータ」の領域で、さまざまな不動産テックサービスを展開する株式会社ワンノブアカインド(本社:東京都港区、代表取締役社長:川島直也、以下当社)は、当社が運営するマンション情報サイト「マンションレビュー」の登録会員を対象に、「コロナ禍での住まい・テレワークについて」のアンケート調査を実施いたしました。

新型コロナウイルス感染症の発生・世界各地での流行から、1年以上が経過しました。“withコロナ”の新しい生活様式の定着とともに、日本国内でもワクチン接種が進んでいますが、変異型ウイルスの発生・拡散、複数回に及ぶ緊急事態宣言やまん延防止措置法の発令・延長など、引き続き生活における影響度は高く、「コロナ以前」とは生活の実態・価値観ともに大きな変化が見られます。
そこで当社では、主に一都三県の「マンションレビュー」会員を対象に、「コロナ禍での住まい・テレワークについて」のアンケート調査を実施。2020年2月~2021年5月現在までの住まいや、コロナ禍で加速した「テレワーク」の現状について質問し、結果をまとめました。

サマリー

2020年2月~2021年5月現在までの住まいとテレワークの状況について調査。(有効回答数:20代~80代1,056人)

■住みかえの検討と実情

  • 期間中、住みかえを検討したのは約56%(590人)。
    うち、実際に「物件を購入して住みかえた」または「賃貸で住みかえた」人は約22%(130人)。
    「物件を購入して住みかえた」「物件を購入した」人は約27%(162人)。
  • 住みかえ検討者のうち、「特に何もしなかった」人は約5%(29人)。
    全体の約95%は物件について調べるなど、何らかの行動を起こしていた。
  • 物件購入者(162人)が買った物件は、「中古マンション」が約61%(99人)、次いで「新築マンション」約28%(45人)。
  • 物件購入者が買った物件の所在地のトップは「神奈川県横浜市」。次いで「東京都世田谷区」「東京都江東区」。
  • 「物件を調べて検討中」は約44%(262人)。
    検討している物件のエリアは、「東京都内」が約53%だが、市区町村でのトップは「神奈川県横浜市」。
    次いで「神奈川県川崎市」「東京都世田谷区」。

■テレワーク

  • テレワークを実施中、または期間内に実施したことのある人は全体の69%(733人)。
  • 現在もテレワークを実施しているのは全体の約60%(635人)。
  • テレワーク経験者(733人)のうち約70%(514人)は、週3日以上の実施。
  • テレワーク経験者で、機器購入やスペース確保など何らかのテレワーク対応を行った人は約60%(434人)。
  • 「テレワークスペース確保のための住みかえ」を行った人は約12%(53人)。

■コロナ禍での住まい・暮らしで、困っていること・悩んでいること

  • 困っていること、悩んでいることを記入した人は全体の約45%(477人)。
  • トップは「住環境関連」。部屋が狭い、部屋数が足りないなどの悩みが多かった。次いで「テレワーク関連」「騒音」。
    「住環境関連」「騒音」は、在宅時間の増加により、気になるようになったという意見が多かった。

■住みかえを検討する際に重視するポイント

  • もっとも重視するポイントは「価格・家賃」が全体の約23%(248人)。次いで「周辺環境」「立地」。

アンケート調査結果(抜粋)

※アンケートの実施期間2021年5月14日~5月17日。
※アンケートの全結果は、コーポレートサイト内、本リリースのデータ集に掲載していますのでご参照ください。
https://www.one-of-a-kind.co.jp/pressrelease/detail/date20210630/data.pdf
※本リリースのデータをご利用いただく際は、引用元として【マンションレビュー調べ】とご明記ください。

■回答者属性

年代:20 代 59/30 代 243/40 代 318/50 代 291/60 代 121/70 代 22/80 代 2
性別:男性 645/女性 386/回答しない 25
現在の居住地:東京 617/神奈川 215/千葉 98/埼玉 94/その他 32
現在の住まいの形態:持ち家(マンションなどの集合住宅) 497/賃貸(マンションなどの集合住宅) 396
持ち家(戸建て) 115/賃貸(戸建て) 22/社宅・寮・シェアハウスなど 26

■住みかえの検討と実情

期間中、コロナ禍での生活の変化により住みかえや物件の購入・売却を検討しましたか? コロナ禍の住みかえ検討で実際にどんな行動をとりましたか? 「物件を購入して住みかえた」「物件の購入が決まった」かたはどんな物件を選びましたか? 「物件を購入して住みかえた」「物件の購入が決まった」かたは、コロナ禍以前と比べて予算を上げて購入しましたか? 「物件を購入して住みかえた」「物件の購入が決まった」かたが購入した物件の所在地 「物件を購入して住みかえた」「物件の購入が決まった」かたが購入した物件の所在地トップ10 「物件を調べて検討中」のかたが検討しているエリア 「物件を調べて検討中」のかたが検討しているエリアトップ10 「物件を売却した」かたの売却理由

■テレワーク

2020年2月~2021年5月までに「テレワーク」を実施しましたか?また、現在も継続していますか? テレワーク経験のあるかたは週に何日程度実施しているあるいは実施していましたか? テレワークを経験したかたは、実施にあたりどのような対応を行いましたか?

■コロナ禍での住まい・暮らしで、困っていること・悩んでいること

hoge
  • 「住環境関連」
    部屋が狭い、部屋数の不足、建物の防音性能、マンション内でインターネット回線がつながりにくいなど。
  • 「テレワーク関連」
    家族の声や生活音が入る、複数人のテレワークでスペースがない、オンとオフの切り替えが難しい、など。
  • 「騒音」
    自宅内での家族の声や生活音のほか、在宅が増えたことで近隣の騒音や生活音などが気になる、など。
  • 「不便な暮らし」
    飲食店の休業や時短営業、スーパーなどへ買い物に気軽に行けない、終電が早くなった、など。
  • 「家族・子ども関連」
    在宅時間の増加による騒音や居場所の確保、子どもの休校、面会や帰省ができないこと、など。
  • 「健康への不安」
    運動不足、マスクや消毒による肌荒れ、病院を受診しづらい、など。
  • 「生活の悩み」
    収入の減少、光熱費や食費の増加、など。
  • 「住まい探し」
    内見ができない、木材価格の高騰、不動産価格の高騰、など。

■住みかえを検討する際に重視するポイント

住みかえを検討する際に「1番」重視するポイントは何ですか? 住みかえを検討する際に1番重視するポイントとして「価格・家賃」を選んかたが2番目に重視すること 住みかえを検討する際に1番重視するポイントとして「周辺環境」を選んだかたが2番目に重視すること 住みかえを検討する際に1番重視するポイントとして「立地」を選んだかたが2番目に重視すること

PAGE TOP